買取日 : 2022年1月10日

官製ハガキをお買取致しました!

買取商品の詳細

買取価格

4,000円

買取店舗

買取した時期

2022年1月

買取した店舗

買取・査定のポイント

たくさんの官製ハガキをお買取りさせて頂きました!この度はジュエルカフェゆめタウン光の森店をご利用いただきありがとうございました。懸賞応募が趣味だそうで、応募に使おうと購入したものの使い切れず、ずっと眠らせていた間に料金改定が入ってしまい、どうすることも出来ずに仕舞いこんでいたとのことでした。捨てるのは勿体ないし…と思っていたところ、ジュエルカフェゆめタウン光の森店のHPで「官製ハガキ買取」の文字を見つけ、来店して下さいました。かなり前の額面の官製ハガキも多数ありましたが、保管状態が良く、当店の買取基準もすべてクリアしていましたので、お持ち頂いた官製ハガキを丸ごとスッキリお買取りさせて頂きました。官製ハガキが余ることを考えると最近は懸賞応募から遠ざかっていたそうですが「いいところ見つけちゃったからまた始めよう!」と素敵な笑顔で帰って下さいました。お客様に喜んで頂けると私たちも励みになります。またのご来店お待ちしております♪

買取・査定担当者からのコメント

官製ハガキは年賀ハガキと共にお持込みがとても多い商材です!官製ハガキと言えば懸賞やテレビのコーナー応募はもちろんですが、喪中の挨拶や結婚・出産報告など様々なシーンに活躍するハガキです。買取対象となる官製ハガキは未開封・未使用はもちろんのこと、書き損じの官製ハガキも喜んでお買取り致します!書き損じには条件がありますが「郵便番号のみ記載」「郵便番号のみ記載なし」「郵便番号・住所・氏名全て記載」「折れ」「汚れ」「裏面記載」は全てお買取可能です!!ただしこれらの条件をクリアしていても「消印があるもの」「欠損」に関してはお買取が出来ないのでご注意ください。また左上の切手額面部分に汚れやペンあとなどがある場合も消印とみなす為お買取不可となっております。今回お持ち頂いた官製ハガキは古い物も多数ありましたが、買取可能条件を満たしていたので1枚残らずお買取させて頂きました。これも良いのかな?と疑問に思われた際には捨てる前にまず1度、ジュエルカフェゆめタウン光の森店にお持ち込みされてみてください!お待ちしております。

買取商品について

官製ハガキとは郵便局などで販売されており、初めから切手が印刷されている郵便ハガキの事です。「官製」の「官」は「政府」を表わしていて、郵政官署が発行・製造したハガキという意味になります。日本では郵政民営化により郵便事業が民間企業へと変更されたことにより、厳密にいえば官製ハガキという呼び名はなくなったそう。ですが私製ハガキと区別する意味で今でも「官製ハガキ」という名前を使う方が多いようです。当店もその関係で官製ハガキと呼んでいます。以前は一時期だけ、郵便局でも現金化が出来たそうですが最近は出来ません。差額分のお金をいくらか払って新しい切手やハガキ、レターパックなどとの交換が主流となっているそうです。最近では懸賞の応募なども携帯電話やパソコンを使ってネット上で出来てしまうことから官製ハガキ離れが増えているようです。いつもはメールやLINEで済ませてしまう内容も、たまには官製ハガキで送ってみるのも面白いかもしれないですね♪日本人らしさを思い出す素敵なキッカケになるかもしれませんよ!!

お近くのジュエルカフェ店舗を探す

商品知識豊富な女性スタッフと、ご来店からお支払いまで最短10分のスピード査定!スピード重視・ご相談重視なら来店買取がオススメです!

Search Shop
査定は無料です。
お近くの店舗までお問合せください
Search Shop
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
都道府県選択に戻る

切手・ハガキ買取実績一覧

こちらの店舗の買取実績一覧