買取日 : 2022年6月08日

フェンディ.ズッカ柄ハンドバッグ マンマバケット

買取商品の詳細

買取店舗

買取した時期

2022年6月

買取した店舗

買取・査定のポイント

「ジュエルカフェ」ブログをご覧の皆様、こんにちは。今回は「ジュエルカフェ」フジグラン川之店でお買取させて頂いたフェンディ.ズッカ柄ハンドバッグ.マンマバケット査定についてご紹介させていただきます。購入したけど使わずしまっていたという事でしたので、使用感がなく、くすみなども見られずきれいなお品物でしたので、お客様にもご満足いただける価格にてお買取させていただきました。長期に渡って使用せず、湿度の高い場所に保管すると劣化の原因にもなりかねません。そうなりますと買取価格にも大きな影響が出てきますので、使わないなと思われましたらお早めに買取を検討いただく事がポイントになります。

買取・査定担当者からのコメント

この度は「ジュエルカフェ 」フジグラン川之江店にフェンディ.マンマバケット.ハンドバッグをお売り頂き誠にありがとうございました。お客様が大切にされていたマンマバケットは、大変状態も良かったので高価買取買取させていたしました。「ジュエルカフェ」フジグラン川之江ではキズ・ヨゴレがあっても、旧作でもOK。査定無料ですのでお気軽にご利用いただけます。だから、思いついたときが「売りどき」です♪この度は「ジュエルカフェ」フジグラン川之江店をご利用いただき誠にありがとうございました。またのご来店お待ちいたしております。

買取商品について

今回お買取させていただきましたFENDI★フェンディ ズッカ柄 マンマバケット ハンドバッグは、FENDIの高級感溢れるズッカ柄のマンマバケット。ズッカ柄に注目されるようになったのは、1925年のブランド創立から約40年後の1965年頃とされています。そのきっかけになったのは、デザイナーの「カールラガーフェルド氏」です。フェンディの頭文字「F」を上下逆さにし2つ並べたモノグラム(シグネチャー)パターンのズッカ柄は、実は設立当時から存在はしていましたが、それまで毛皮のコートなどの「裏地」として使われていました。ズッカ柄の「FF」にはブランドの頭文字という意味のほかに、「FUN FUR」(=ファン ファー「毛皮を楽しむ」)という意味がカールによって込められたそうです。「バゲット」は、1997年に誕生した「フランスパン」を意味する名前をつけられたライン。たいへん人気があり、皆から愛されるフェンディの代表的な作品です。ヴィンテージブームにより相場も大変高騰中でございますので、状態の良いお品物は高価買取が期待できます。ぜひ一度「ジュエルカフェ」フジグラン川之江店の無料査定をご利用ください。

人気のタグ

お近くのジュエルカフェ店舗を探す

商品知識豊富な女性スタッフと、ご来店からお支払いまで最短10分のスピード査定!スピード重視・ご相談重視なら来店買取がオススメです!

Search Shop
査定は無料です。
お近くの店舗までお問合せください
Search Shop
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
都道府県選択に戻る

ブランド品買取実績一覧

こちらの店舗の買取実績一覧