/  

故障したブランド腕時計でも高価買取されている理由とは?

故障したブランド腕時計でも高価買取されている理由とは?

元がどれほど高かった高級時計でも、動かなくなったら売り物にならない・・・と思っていませんか?
お客様と時計についてお話しているとたまに「もう動かなくなってしまった」「ガラス盤が割れてしまった」など重大なトラブルが発生した時計について「売るのを諦めてしまった」ということをお聞きします。

動かなくなった時計には全く価値がない、またはジャンク品としか買ってもらえないはず…と思って早々にあきらめてしまう人が大多数なのですが、実際にもってきていただくと結果は意外と高く売れることも多いです。
不動など「難あり」の状態でもある条件を満たせば最低でも数万円、高ければ数十万円になるケースも実際いろいろ目にしてきました。

意外と高く売れる、ブランド時計の「故障品」

故障しても高く売れやすい腕時計とは?

〇プレミアのついたモデルの時計

動かなくても高く売れやすい時計の条件として「プレミアのついたモデル」が1つには挙げられます。
プレミアとは、需要(欲しがる人)が供給を大きく上回り、元の値段よりも高く取引される状態を指します。
人気の高いモデルはもちろん、期間限定品や限定生産品・そして生産終了品などもプレミアが付きやすいと言えるでしょう。
たとえばヤフオクなどで品番検索するのがプレミアがついているかどうか見る一つの方法なのですが、古めのモデルやアンティークタイプについていることも多いです。

〇需要の高いブランドの時計

ロレックスやオメガなど、時計として知名度の高いハイブランドであるほど当然需要も高く、高価買取しやすくなります。
仮に不動でもう動く見込みがなくなったとしても、そうした高需要ブランド・モデルであれば最悪修理・交換用の部品確保 のためだけであっても、それなりの価格で業者間流通しているものです。

〇付属品などが充実している時計

いわゆる傷物になってしまった時計であっても、箱や取扱説明書・その他付属品が完備していれば比較的値段が付きやすいと言えます。
ある程度の人気モデルの場合、「これで本体さえキズものでなければ・・・」というように、「本体以外の部分が完璧に近い」 状態が作り出せていればそれも考慮してもらえるわけです。

故障した時計でも高く買い取れる理由とは?

故障してしまった時計でも高価買取できる理由は大きく3つあります。

〇自社で修理して売りに出せるから…

これが可能かどうかは業者さん次第ですが、最も高く買い取れるパターンはこれでしょう。
専門知識が豊富なスタッフや設備を備えていれば、自社工房でかなりのレベルの再生が可能です。
難ありの時計でも最も高く買い取ってもらえる業者さんとしては
「どこまで修理可能か専門知識を使って見分け、ぎりぎりのレベルまで買い取れる」
ところがベストと言えます。

〇海外や業者間にネットワークがあるから…

時計以外も含めブランド品には大きな海外市場も存在しています。
日本の場合、国内で流通不可能と判断されても中国であれば需要あり…ということがままあります。
販路の広い会社であれば、海外への転売・他社への業者間流通を見越して「こういうものでも売れるはずなので買い取ろう!」というように敷居が下がることも多いのです。

〇部品取りにも使えるから…

こちらはモデルとしてそれなりに人気があり、また流通量もある程度ある場合に限られます。
しかしその条件を満たしていれば、時計自体がどれほど再生不能であっても大丈夫です。
メンテナンスや修理時の交換用部品としての需要が出てくるので、結果として買い取りが可能になるわけです。

こんな故障時計は、買取が期待しづらいです…

ある条件を満たせば高価買取も可能な壊れたブランド時計ですが、以下のような場合は買取が難しくなります。

〇オーバーホールが不可能なレベルの時計

オーバーホールとは時計内部のムーブメントをパーツごとに分解し、洗浄や交換などのメンテナンスをすることです。
これは問題がなくても定期的に行うことが推奨され、壊れていてもオーバーホールで改善することが期待できるわけです。
しかしこのオーバーホール自体が難しい壊れ方になってくると、買い取っても時計の用途がかなり限られてしまいます。
「時計自体を開けることが困難である」
「単純な交換や修理では対応しきれないレベルの壊れ方をしている」
場合であれば、ジャンク品としての買取もかなり制限されてしまいます。

〇流通量や需要がかなり少ないモデルの時計

流通量(出回っている数)と需要(人気度)のどちらも少ない、という場合も買取困難になってきます。
そもそも「多少難ありでも手に入れたい!」という需要が生まれるのは、そのモデルにそれなりの人気があるからです。
また他の個体の修理・交換パーツ用として買い取る場合も、そもそもモデル自体の流通量が少なければそれを生かすチャンスが生まれません。
不動の時計を高価買取してもらう場合、「需要」と「流通量」のどちらかが高いことは 絶対条件と言えます。

手持ちの故障時計を高く売るためには?

故障したブランド時計を高価買取する店の条件

手元の動かない・ガラス盤が割れていると言った難ありのブランド時計を高く買い取ってもらうために、何が大切なのでしょうか?
結論として最も重要なことは「買い取ってくれる業者の選定」にあると私は考えています。
具体的にはいかに専門性の高い業者さんに見積りを依頼するか、ということでしょう。

ここで言う「専門性が高い」というのは、時計以外のものを扱っていない・・・という意味では必ずしもありません。
もちろん高級時計に特化した買取店もあります。
しかし特化していなくても最も大切なことは、「知識の豊富さが伝わって来るかどうか」です。
(ホームページやコラムなどを見るとある程度の参考にはなるはずです)

この場合「知識」というと具体的には
〇 どのレベルまでの時計が修理可能なのか
〇 修理にどの程度のコストがかかり、どこまでの値段で買い取れるのか
〇 多少難ありの前提でも、どの程度の需要がこのモデルにあるのか
といった見極めをシビアにすることができ、それを踏まえて最大限の価格提示をできるかどうかということです。

さらに細かい話をするのであれば、よくある「リューズ部分のトラブルにも自社対応できる業者か」といったこともポイントでしょう。
リューズとは、ゼンマイの巻き上げや時刻・日付調整などを行う時計の主要部分のことで、ここが抜けてしまったりトラブルを起こすことで時計が動かなくなることもあります。
リューズはデリケートなので中途半端な知識で下手に直そうとすると、更なる故障やトラブルにもつながり致命的です。
こうしたリューストラブルにも自社で正しく対応できるだけの知識があれば安心できると言えます。

また専門知識以外の面として、販売ネットワークを幅広く持っているかどうか…ということもあわせて重要です。
上記でお伝えしたように、国内では修理しても流通の余地がない・・・と判断された時計も海外であれば需要あり、という場合もあります。
この海外ならではの判断基準を知り、ルートを使って販売できる業者さんであれば期待できます!

自前での修理はお勧めできません

店舗買取の現場から相談を受けるケースが最近増えていることとして、
「お客様自身である程度修理をしたものを持ち込まれた」
というものがあります。

これは大きく2つのケースに分かれ、「お客様ご自身が手作業で修理をした」場合と、オーバーホールなどの「修理をご自身で委託手配され」それにより改善したものを売りに来られるケースです。

前者の場合、ご自身が時計の専門家であれば大丈夫なのですが、そうでない場合かえって状態を悪化させるケースがあります。
特に前述したようにリューズトラブルが起きた場合は下手にいじらず査定に出すことをお勧めします。

またオーバーホールなどを別の業者さんに手配され、直したものをお持ちいただく場合もあります。
この場合もちろん買取価格について「それをしていない場合」よりは、ほとんどのケースで高くなるものと思われます。
しかしその修理にかかったコストに似合う買取額アップが望めるかどうか?・・・というと、残念ながらそうではないケースの方が多いように思います。
「5万円かけてオーバーホールしたのに、買取金額は3万円しかアップしない」のであれば「しない方が良かった」ということになりますよね…?

どうしても個人の方が修理を手配する場合、かかる修理コストも「お客様用」の相場が適用されてしまうため高くなりがちです。
逆に専門性の高い買取店の場合、自社工房で修理をするため大変安価に済んだり、安い業者価格で直してくれる独自ルートを持っていたりなど、あまりコストはありません。
その分買取価格に上乗せが期待できるということです。

あくまで結果論ですが、不動の場合中途半端に直してから売りに出すより、ありのままの状態で持ち込まれる方が得をするケースが多いと思います!

少しでも高く売るためにできること

下手に自分で修理をしてしまうのはオススメできない、とお伝えしましたが、それでは難ありの時計を少しでも高く売るために何かできることはないのでしょうか?

1つできることとして上記でもお伝えしたのですが、「本体以外の付属品等についてしっかり揃えること」です。
「本体さえ大丈夫ならな・・・」という状態を作り出すことは買い取る側から見てもありがたいですし、査定に考慮される可能性も高いでしょう。

また余計な修理はともかくとしても、掃除などのメンテナンスについてはしておくに越したことはありません。
見た目の使用感や汚れ・キズなどをできるだけ目立たないようにするために、埃や油のたまりやすい部分も含め丁寧にクリーニングする価値はあるはずです。

そして何よりもできることとしては、時計の修理経験が豊富で専門知識のある、そして販売ルートも広い業者さんを見つけ出して査定してもらうことでしょう。
こうしたことはホームページを見るとある程度の目星はつきますし、最近はリモートでの見積もりも各社充実しています。
状況を率直に伝えて、少しでも高く評価してくれる業者さんをその中から選んでいく・・・そのためのエネルギーを惜しんではならないと思います。

ジュエルカフェでは、自前での修理システムや海外への販売ルートも充実しています。
動かなくなったりガラス盤が割れてしまった高級時計でも最大限強気の買取価格を提示していますので、お心当たりの時計があればぜひ一度査定をお試しください!

監修
監修:安井 理
慶應義塾大学 文学部 人間関係学科卒。1999年より神奈川を中心に学習塾・結婚相談所・リユース専門店などを経営。特にリユース専門店は県内30店舗まで展開した後、戦略的バイアウト。以降は越境ECや業界特化型のライター・コラムニスト・アドバイザーとして活躍。
facebook1 line twitter