/  

ブランド買取は大手ほど高いって本当?

ブランド買取は大手ほど高いって本当?

ここ数年コロナなどの影響もあってか、長い間所持していたブランド品を処分する人が増えてきました。
メールやラインでの見積りなどリモートで売る人も増え、その事もあってか複数の買取店を比較するお客様が年々増えているように感じます。
ブランド品を売りたい人から見ればネットでいろいろ情報を集められて便利な一方、情報がありすぎてかなり迷っている人も目立つようになっています。
今回は「ブランド買取は大手のほうが高いものなのか?」という、現場でもよくいただく疑問を切り口に、より良いブランド品の売り方のアドバイスにつなげてお伝えしていきたいと思います。

ブランド買取における大手のメリット・デメリットとは

まず私が感じている結論から申し上げれば、「一部の例外を除けば、ブランド買取は大手の方が有利なケースが多い!」 と感じています。
ただもちろん大手でも高価買取になりづらい店もあれば、小規模店でもかなりの高価買取している所もあり、「なぜそうなっているのか」をしっかり見破って買取先を選定して行く必要があります。
このためにまず、「大手の買取店がブランド高価買取に有利な点と、そうでない点」を買取側の視点からお伝えしていきたいと思います。

大手がブランド高価買取に有利な点

○多くの商品が集まるので、商品知識が豊富になりやすい。

大手の強みの一つが、商品知識の高いスタッフを育てやすい点です。
「どの程度の商品がいくらで売れるのか」、そして「ギリギリいくらまで高価買取できるのか」という見極めを、自信をもって行うことが高価買取には欠かせないポイントです。
大手の買取店では実店舗・ネットともに、毎月かなり多くのブランド買取が集中するので、強気で勝負できるスタッフが育ちやすいと言えます。
こうした相場観は、最近ではネットからの情報で得やすいとも言えますが、「実際に品物を触って、どの程度のランクなのか見極める」ことだけは、自身の経験でしか得られません。
その意味で、大手のほうが有利になりやすいと言えるのです。

○販売力が強いので、ギリギリまで強気の買取金額を付けやすい。

大手のブランド買取店のほとんどが、それを販売する方のネットショップに力を入れています。
より高く中古ブランドを販売するためのサイト制作・写真撮影・説明文制作にかなりの力を入れているため、買い取った品物を「より高く・よりスピーディーに」売っていくことが可能になるわけです。
また大手の場合、「より売れやすいエリアの実店舗で」買い取ったブランド品を高価販売するなど、スケールメリットを活かした高い店舗販売力も持ちます。
さらに大手買取店は海外に販売網があるケースもあり、国内で売れないような高値でブランド品を海外販売して行くことも可能です。
こうしたことから大手はブランド販売に高い自信を持ち、その分ブランド買取でもギリギリの勝負をしてくれる所が多い訳です!

大手がブランド高価買取に不利な点

○多店舗展開をしている場合、知識教育が行き渡らない場合も

これは会社のソフト面(教育や運営など)の問題なのですが、多くの実店舗を持つ大手買取店の場合、一部でスタッフに充分なブランド品買取の教育ができていないチェーンもあるようです。
こればかりは会社により千差万別なのですが、最悪の場合は最低限の査定マニュアルのみが存在し、またその店舗の集客力が半端な場合「迷った場合は弱気の買取価格をつけてしまう」ということも考えられます。
その結果、現場での買取金額が低く抑えられてしまうといったケースも存在するようです。

○コストがかかりすぎて買取価格を抑えてしまう大手も

これも会社の運営面の問題なのでケースバイケースですが、多数の実店舗を持つチェーンの場合、それぞれの運営コストがかかりすぎることもあります。
その分ブランド品の買取金額を抑えないとやっていけない・・・といった例もあるようです。
実店舗の場合、家賃や光熱費などの固定経費、そして人件費やお客を集めるための広告費など、それなりにコストがかさむのは仕方ありません。
そこをうまく運営しているかどうか(買取の多角化やコスト削減など)といった点がポイントになると思います。

メリットを最大化し、デメリットを最小化した大手が強い

こうしたメリットとデメリットを意識すると、知識量や販売力など大手ならではのメリットを最大限に引き出し、逆に教育面やコスト面などの「出てきやすいデメリット」をうまく最小化した大手を選ぶことが、大切と言えます。
これを踏まえて具体的に、「どのような大手を選べばブランド品の高価買取につながりやすいのか?」を続きでお伝えして行きます。

高価買取にはどの大手を選べば良いのか?

ネット中心なら「特化型」、店舗展開しているなら「複合型」がお勧め

色々な大手を比較してオススメなのは、実店舗チェーンの場合できるだけ複合型の買取をしているお店です。
例えばブランド品買い取りだけでなく、貴金属買取・チケット・切手買取など、買取品目を多角化しているチェーンは比較的買取金額が高くなりやすいと言えます。
「他の物も買取しているのでは専門性が足りず、ブランド品は高く買ってくれないのでは?」
というイメージを持つ方もいるかもしれません。
しかしブランド品のみを買い取っている店舗の場合、「その利益だけで高い固定経費をまかなっていく」ことは非常に難しいものです。
ブランドだけで無理にそれをやろうとすれば、買取金額を安くせざるを得ないのです。
※一部に例外もあります

ですから貴金属やチケット・その他多くのジャンルで買取しているお店の方がその分利益も確保しやすく、結果的にブランド買取金額を強気のものにしやすいと言えます。
ただもちろん例外もあり、特に「家具でも家電でも、何でも買い取りします!」とうたっているような総合型リサイクルショップの場合、ブランド品買取の教育に割くエネルギーがあまりない場合もあります。
そうなると雑な査定と弱気のブランド買取金額(安いという意味です)になってしまうところも散見されるので、そのあたりは お店のコンセプトをよく見て行く必要があるでしょう。

逆に実店舗がなく、ネット専門でブランド買取をしているところであれば、無理をして複合型の店舗を選ばなくても高価買取をしてもらいやすいと言えます。
ネット買取の場合実店舗よりコストがはるかに少なく、ブランド買取一本でも充分な利益を出すことも可能で、むしろ全国から集まるブランド品の知識が少数のスタッフに集まりやすいこともあります。

販売力の高い大手を選んで売りたい

大手ブランド買取店を選んで行く際、もう一つ着目したいのが「販売力」です。
特にネットショップやオークションなどで積極的に中古ブランド品を販売しているショップであれば、買い取りについても期待できると言えるでしょう。

また「実店舗でのブランド販売」について行っているかどうかという点もある程度大事です。
多数の店舗があるのに「どこにも実店舗販売がない」ということだと販路も少なく、販売に充分なエネルギーを使っていない可能性もなくはありません。
もちろんブランド品の販売は「一部の、より集客力のある店舗に持ち込んで集中して行っている」ことが多いので、地元店だけを見て判断するのは早計です。

「預かり査定」は積極的に利用すると吉

多数の実店舗を持つブランド買取店に売る場合、特におすすめなのが「預かり査定」を積極的に利用する方法です。
これはより高度な知識を持った本部スタッフに、ブランド品のランク判定やギリギリの値付けについて相談するためのシステムで、お店側から提案されることも多いです。
大手チェーン店の本部スタッフは、多数のお店から集まる「ブランドの預かり査定品」を日々査定しているので、高価買取する際のギリギリの見極め力が強く頼りになります。

大切なブランド品を一時預かりするので抵抗を感じるお客様も少数ながらいますが、基本的には数日で返却できるうえ経験上ほとんどのケースで買取金額がアップしています。
特に「誰もが知り、流通量の多いブランド品」ではなく、少し「マニアック・ニッチで流通量がそれほどではない」ブランド品や、訳ありでなかなか出回っていないランクのものを売る場合は、知識の豊富な本部スタッフの助けを借りられる預かり査定は「さらにメリットが大きい」と言えるでしょう!

いかがでしたか?
大手の方がブランド買取では比較的有利になりやすいケースが多い・・・とお伝えしましたが、もちろんこれは傾向にすぎません。
しかし「なぜ大手は有利になりやすいのか?」という理由を整理し、それを踏まえて探すことで「本当に有利なブランド買取店」を見つける手助けになると思います。
読んでいただきありがとうございました。

監修
監修:安井 理
慶應義塾大学 文学部 人間関係学科卒。1999年より神奈川を中心に学習塾・結婚相談所・リユース専門店などを経営。特にリユース専門店は県内30店舗まで展開した後、戦略的バイアウト。以降は越境ECや業界特化型のライター・コラムニスト・アドバイザーとして活躍。
facebook1 line twitter