買取日 : 2022年5月27日

k18ピアス

買取商品の詳細

商品カテゴリ

買取店舗

買取した時期

2022年5月

買取した店舗

買取・査定のポイント

「ジュエルカフェ」ブログをご覧の皆さま、こんにちは。 今回は「ジュエルカフェ」フジグラン重信店でお買取りさせて頂いた K18ピアス査定についてご紹介させて頂きます。 金のピアスをお持ちいただき、全て金として高価買取させていただきました! 今回お持ち頂いたお品のように重さのない物や片方しかない物やキャッチ部分だけでも、グラムが出ればお買取りしております。ご自宅に眠っている18金ピアス以外でも色々なジュエリーをお買取りしておりますので、是非一度無料査定へお越し下さい。 他社では断られてしまった、値段が付かなかったという金製品まで、専門の査定員が一つ一つ丁寧に査定いたします。

買取・査定担当者からのコメント

金ピアスの買取・査定専門店 ただいま金ピアス買取価格強化中です!今となっては使っていない昔流行ったピアスやプレゼントで貰ったピアスで、片方を無くしたものやキャッチを無くしたものなど、ご自宅の宝石箱に眠っていませんか?ジュエルカフェでは金製品である片方のピアスや歪んだピアス、石が外れたピアスなどどんな状態でもお買取可能です。 海外購入のもの、デザインが古いもの、また片方だけの金フープピアス、歪んだフープピアスも丁寧に査定致します。18金、24金はもちろん、14金や10金、品位の低い金もジュエルカフェにお任せください。

買取商品について

元来ピアスとは邪悪な物から身を守る、 魔除けをする物として世界中で用いられていました。 それ以外でも部族同士でどこの部族かを見分ける為や、 大人になる為の通過儀礼としての意味も持ち合わせてきました。 イヤリングの場合は耳の穴から悪魔が入るのを防ぐ目的で 耳の穴の周囲に着けられていたようです。 そのほか宗教上の理由や願掛けの意味や、 戦死した兵士の身元確認用の目的があった時代もあるようです。 イヤリングは太古の時代から存在し当時はイヤリングといえば ピアスのことだったということ。 ピアスには数千年の歴史があると言われています。 また、ファッションとしてのピアスの始まりはインドやエジプト などの古代文明が最初だとされています。 あまり知られていませんが古来日本でも縄文人が耳に 素焼きのピアスを付けていたという歴史もあるんですよ。 石が取れた物でも、変形していても大丈夫です。 使わないピアスがありましたらジュエルカフェでお売り下さい。

人気のタグ

お近くのジュエルカフェ店舗を探す

商品知識豊富な女性スタッフと、ご来店からお支払いまで最短10分のスピード査定!スピード重視・ご相談重視なら来店買取がオススメです!

Search Shop
査定は無料です。
お近くの店舗までお問合せください
Search Shop
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
都道府県選択に戻る

金買取実績一覧

こちらの店舗の買取実績一覧