買取日 : 2022年6月10日

純金 記念小判 お買取りいたしました!

買取商品の詳細

買取店舗

買取した時期

2022年6月

買取した店舗

神奈川県
本厚木店

買取・査定のポイント

相模原市のお客様より、純金 記念小判 お買取りいたしました!厚木の買取店をいろいろ回られて、ジュエルカフェ本厚木店が一番高いと仰りご成約いただきました。ジュエルカフェ本厚木店は専門スタッフがどんなお品物でも1点1点丁寧に査定、最新価格相場で高価買取が実現します!コロナ渦、ウクライナ情勢で相場高騰が最高値を記録している中、売り時である今だから、昔安く買った小判など、金・貴金属が高く売れます!ジュエルカフェ本厚木店では金の大判・小判買取を強化中です。ジュエルカフェは直営店250店の業界最大級・お客様満足度1位の実績で、海外にも広く展開し、様々な販売ルートを確立することで金の大判・小判の高価買取を実現しています。その金の大判、小判、高く売るなら今!ジュエルカフェ本厚木店におまかせください!

買取・査定担当者からのコメント

この度はジュエルカフェ本厚木店にご来店いただき、純金 記念小判のお買取りご成約誠にありがとうございます!ジュエルカフェ本厚木店の小判買取は業界トップクラスの高価買取! 専門スタッフによる高い査定力と多彩な販売ルートで、どこよりも高い買取価格を実現します。「買取満足度第1位」ジュエルカフェ本厚木店の無料査定をぜひご利用ください。金の大判・小判のお買取でしたら、新品はもちろんのこと、古いもの・汚れのあるもの、どんなものでも丁寧に査定させていただきます。売れるかどうか不安でしたらまずはお気軽にジュエルカフェ本厚木店にお問い合わせください。商品知識豊富な女性スタッフと、ご来店からお支払いまで最短10分のスピード査定! スピード重視・ご相談重視なら、店頭買取がオススメです!金の小判なら、凹んだ小判や、傷がついた小判など、どんな状態でもお買取りいたします!

買取商品について

昔日本では金(ゴールド)を大判と小判に加工し、お金として流通させていました。この二種は実は使い分けがあったのです。「大判」は恩賞や贈答品用のインゴットでした。混ぜモノがない事を証明するために、薄く引き伸ばした延金であり、金の取引・褒美の品等に利用されていました。貨幣として規格になった始まりは、1588年に豊臣秀吉が作らせた「天正大判」になります。現在で言うK18にやや足りない純度で製造されました。江戸時代になると、この天正大判をモデルに、5種の大判が鋳造されました。(慶長大判、享保大判、元禄大判、天保大判金、万延大判)こちらも恩賞や贈答品に用いられた記念金貨に近い流通となっていました。そして「小判」は実際に使われた貨幣でした。大判が表面に作者・額面等を筆で書いているのに対して、小判は貨幣としての生産性を考え、花押や文字を打刻しています。慶長小判がはじまりとして江戸期約260年の間に、10種の小判が発行されています。(慶長小判、正徳小判、元禄小判、宝永小判、享保小判、元文小判、文政小判、安政小判、万延小判、天保小判)しかし、その時代によって金の含有量は変動があり、今の金の品位で言えばK20(83.5%)からK14 (58.5%)ほどの差がありました。

人気のタグ

お近くのジュエルカフェ店舗を探す

商品知識豊富な女性スタッフと、ご来店からお支払いまで最短10分のスピード査定!スピード重視・ご相談重視なら来店買取がオススメです!

Search Shop
査定は無料です。
お近くの店舗までお問合せください
Search Shop
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
都道府県選択に戻る

金買取実績一覧

こちらの店舗の買取実績一覧