買取日 : 2022年6月02日

日仏交流150周年記念コイン K22 10ユーロ金貨 東洲斎写楽

買取商品の詳細

買取店舗

買取した時期

2022年6月

買取した店舗

買取・査定のポイント

「ジュエルカフェ」ブログをご覧のみなさま、こんにちは。今回は「ジュエルカフェ」フジグラン高知店でお買取りさせて頂いた日仏交流150周年記念コイン K22 10ユーロ金貨 東洲斎写楽の査定についてご紹介させて頂きます。2008年にフランス共和国が発行したプルーフ金貨で、表面のデザインは、東洲斎写楽(市川鰕蔵)、ドラクロワ(民衆を率いる自由の女神)、寛永通宝と3種類があります。購入されてから大切に保管されており、キズのない綺麗な状態でしたので、お客様にご満足いただける価格でのお買取になりました。

買取・査定担当者からのコメント

この度は「ジュエルカフェ」フジグラン高知店に日仏交流150周年記念コイン K22 10ユーロ金貨 東洲斎写楽をお売り頂き、誠にありがとうございました。購入されてから仕舞ったままになっていたのを、金高騰のニュースを見て思い出されお持ち下さいました。予想以上の査定額に、思い出して良かったと喜ばれておりました。「ジュエルカフェ」では、様々な国の色々な金貨やプラチナコインのお買取をしております。ご売却をお考えなら、フジグラン高知店での無料査定をご利用下さいませ。

買取商品について

今回お買取りさせていただきました日仏交流150周年記念コイン K22 10ユーロ金貨 東洲斎写楽は、1858年に日本とフランスの間で、日仏修好通商条約が締結されてから150年の節目となる2008年を記念して、フランス国立造幣局(モネ・ド・パリ)が鋳造し、フランス共和国が発行した金貨です。金貨の表面には日仏修好通商条約締結前後の、両国を代表する絵画や貨幣といった文化や経済を象徴するモチーフが採用されています。東洲斎写楽(市川鰕蔵)は、当時の人気歌舞伎役者、市川鰕蔵(五世団十郎)のブロマイドとして作られた東洲斎写楽作の浮世絵です。パリ万国博覧会(1867年)の日本初出展で、フランスの人々を魅了したジャポニスムですが、中でも浮世絵はその独特の構図で、変革期にあったフランス美術界に大きな影響を与えました。

人気のタグ

お近くのジュエルカフェ店舗を探す

商品知識豊富な女性スタッフと、ご来店からお支払いまで最短10分のスピード査定!スピード重視・ご相談重視なら来店買取がオススメです!

Search Shop
査定は無料です。
お近くの店舗までお問合せください
Search Shop
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
都道府県選択に戻る

金買取実績一覧

こちらの店舗の買取実績一覧