買取日 : 2021年12月20日

書き損じの年賀はがきをお買取いたしました!

買取商品の詳細

買取店舗

買取した時期

2021年12月

買取した店舗

買取・査定のポイント

書き損じの年賀はがきをお買取りいたしました。未使用の年賀はがきはもちろん、書き損じや印刷ミスしてしまった官製はがきもお買取しております。何年も前の年賀はがきでもお買取しますので是非一度お持ち込みください。一部、お買取できない書き損じはがきもございますので、お気軽にスタッフまでお尋ねくださいね。50円以上の年賀ハガキは一律20円、60円以上の年賀はがきは一律30円にてお買取させていただきます。もう使えないから、買い取ってもらえるか分からないからと捨ててしまう前に、1枚でもお持ちいただければスタッフがお調べしますのでお気軽にお立ち寄りくださいませ。

買取・査定担当者からのコメント

この度はジュエルカフェゆめタウン久留米店をご利用いただき誠にありがとうございます。年賀はがきは官製はがきと違って使い道が限られていますよね。年賀はがきは毎年書く方も多いと思います。たくさんの方に出すつもりが余ってしまったり、印刷ミスで書き損じてしまったはがきなどはありませんか?また「付き合いで買ったけど捨てるのはもったいないし・・」という方も多く、はがき買取は大変ご好評いただいております。ご自宅に処分に困っているはがきがございましたら、捨てる前にぜひジュエルカフェゆめタウン久留米店をご利用ください。年賀はがきだけでなく、官製はがきもお買取させていただいております。

買取商品について

今回お持ち込みいただいた年賀はがきですが、宛名の書き方にもルールがあるのはご存じでしょうか?その中でも今回は2点ご紹介いたします。 ①相手の住所は2行以内に収まるように 1行目は番地や号まで、アパートやマンションに住んでいる場合は2行目は建物名から部屋番号まで書くのが基本です。また2行目は1行目よりも1文字以上下げて書き出し、住所が長くなりそうなときは2行目も文字を小さくして2行以内に収め、建物名を省略して部屋番号だけ書くのはあまり良くありません。 ②相手の名前は中央に大きく 姓と名、名と敬称の間は広めに開け、特に気を付けたいのが「敬称」。個人であれば「様」が基本、「殿」は目下への敬称になるためNGです。学校の先生や恩師であれば「先生」も敬称として使え、団体の場合は「御中」と書くのがおススメです。連名で送りたい時は「・」でつないだり「様」を共有したりせず2列以上にしてそれぞれに「様」をつけるのが正しい書き方です。 このように宛名の書き方にもさまざまなルールがあります。年賀はがきはもちろん、金券類も多数お買取しておりますのでこれはどうかな?と思うものがありましたら、ぜひお気軽にお尋ねくださいませ。

人気のタグ

お近くのジュエルカフェ店舗を探す

商品知識豊富な女性スタッフと、ご来店からお支払いまで最短10分のスピード査定!スピード重視・ご相談重視なら来店買取がオススメです!

Search Shop
査定は無料です。
お近くの店舗までお問合せください
Search Shop
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
都道府県選択に戻る

切手・ハガキ買取実績一覧

こちらの店舗の買取実績一覧