買取日 : 2022年5月21日

バラ切手を大量にお買取致しました‼︎

買取商品の詳細

買取店舗

買取した時期

2022年5月

買取した店舗

買取・査定のポイント

家の中を整理していたら出てきたバラ切手をまとめて大量にお持ち込み頂きました。 バラ切手は、ファイリングはされておりひとつひとつ綺麗に直されてありましたので、 昔の切手とは思えないほど状態が良かったです。 未使用の切手で裏面ののりもしっかりついており切手の耳にも破損などはなく、 しっかり金額をお付けすることが出来ました。 同じ額面の切手ごとにファイリングされてありましたので、査定もスムーズに行えました。 額面によってお買取率が違ってきますが、今回お持ち込み頂いたバラ切手は1円~100円程のバラ切手でしたので 合計するとお客様も喜ばれた金額になりました!! スマホの普及が進み最近では手紙や年賀状を出さなくなって使い道もなく不要との事で、 整理でスッキリされ少しでもお金になったから良かったとお売り下さいました!!

買取・査定担当者からのコメント

この度は、ジュエルカフェ イオンショッパーズ福岡天神店をご利用頂きありがとうございました。 昔、コレクションとして集めていたバラ切手や遺品整理・終活で出てきたバラ切手の お持ち込みが増えてきております。 これから梅雨の時期になりますのでお家時間も増え整理整頓をされる方もいらっしゃるのではないでしょうか? 古い切手でも新しい切手でも1枚からしっかり査定してお買取しております!! 今回は額面ごとに分けられてのお持ち込みでしたが、どんな状態でもお持ち込み大歓迎です♪ 仕分けまで行いますのでお気軽にお持込み下さい!! バラ切手の他にシートタイプの切手やシールタイプの切手もお買取しております。 また、消印が押されある使用済み切手を国際協力NGOジョイセフへ寄付しております!! 処分に困っている使用済み切手もございましたら是非お持込み下さい^^

買取商品について

切手には、郵便切手・小切手・為替切手とたくさんの種類の切手があります。 しかし『切手』と言われて最初に思い付くのは、『郵便切手』ではないでしょうか。 そんな郵便切手とは“郵便料金を事前に納めた証拠として郵便物に貼る証紙”のことで、略して『切手』と呼ばれるようになりました。 郵送に使われたり、宣伝用として使用されたり、テレホンカードや古銭などの様に コレクションされる方も多くいらっしゃいます。 1840年にイギリスで発行され、日本で発行されるようになったのは1871年でした。 日本での郵便制度に尽力したのが【前島密(まえじまひそか)】という人物で日本近代郵政の父と呼ばれ、 その栄誉を称え切手が発行されてから現在まで1円切手のみデザインが変わっていません。 郵便切手には、シート切手とバラ切手がありますがシート切手とは4角がしっかりあり、面数が10面以上の 未使用切手の事を言います。対して10面未満の未使用切手をバラ切手と言います。 年賀状のお年玉で貰う切手もシートタイプに似ていますが10面未満ですのでバラ切手になります。

人気のタグ

お近くのジュエルカフェ店舗を探す

商品知識豊富な女性スタッフと、ご来店からお支払いまで最短10分のスピード査定!スピード重視・ご相談重視なら来店買取がオススメです!

Search Shop
査定は無料です。
お近くの店舗までお問合せください
Search Shop
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
都道府県選択に戻る

切手・ハガキ買取実績一覧

こちらの店舗の買取実績一覧