買取日 : 2022年6月21日

リング PT900 サファイア

買取商品の詳細

買取店舗

買取した時期

2022年6月

買取した店舗

買取・査定のポイント

ジュエルカフェ」ブログをご覧の皆さま、こんにちは。 今回は「ジュエルカフェ」フジグラン重信店でお買取りさせて頂いた PT900 リング サファイヤ 査定についてご紹介させて頂きます。 ダイヤモンドとは違い、明確な品質評価基準がないサファイア。鑑別・査定する人の経験や好み、感性などで評価が変わってくることもあります。 サファイアは濃紺、青紫色に限らずさまざまな色がありますので、宝石買取業者によっては、サファイア以外のカラーストーンとして判断されてしまうことがあるのも現実です。今回お持ちくださったリングは鑑定書もしっかりついており、高額買取になりました。

買取・査定担当者からのコメント

多くのサファイアは加熱処理されています。加熱処理はサファイアの原石の色をよりよくするためのもので、昔から行われている処理方法です。 自然な美しさを持った天然の非加熱サファイアのほうが価値が高くなり、買取価格もアップします。 宝石買取では、鑑定書があるほうが買取業者の手間が省ける分、買取価格が上がる可能性があるのが一般的ですので鑑定書あればとっておきましょう。。 査定ポイントは、色合い、クオリティや透明度、輝きと大きさで買取価格が決まります。特に色は、サファイアの価値を決める重要なポイントとなります。色味が薄すぎるもの、濃すぎるものは買取価格が安くなる傾向があります。鮮やかな青みを持つコーンフラワーブルーサファイアが最も高価です。サファイアの内部に、不純物や内包物(インクルージョン)の混在が少ないものほど高価となります。透明感のあるサファイアは輝きも美しいのが特徴。深みのある青色で、鮮やかに輝くものが良いとされています。 ジュエルカフェでは他にもブランド時計やバッグなど色々なブランド品やはがきや切手、商品券などもお買取をさせて頂いております。しっかり丁寧に査定致しますので気になるお品がありましたが是非一度お持ちください。ご来店ありがとうございます。またのご来店を心よりお待ちしています。

買取商品について

サファイアの語源は【あお色】を意味するラテン語のsapphirus(サッピルス)ギリシャ語のsappheiros(サピロス)に由来します。 ルビーの濃赤色や、サファイアのメインカラーである濃紺紺や青、青紫以外のものは、ファンシーサファイアと呼ばれています。 光を当てたときに単一光源の下で6放射の星型の輝きをするものがあります。これはスターサファイアと呼ばれ、希少価値があります。 また、アレキサンドライトのように光源によって色が変わるものもあり、カラーチェンジサファイアと呼ばれ、こちらも希少価値がある。 近年では、スリランカ産のギウダと呼ばれる色や透明度の低いサファイアが加熱処理され、色鮮やかなサファイヤとして販売もされています。

人気のタグ

お近くのジュエルカフェ店舗を探す

商品知識豊富な女性スタッフと、ご来店からお支払いまで最短10分のスピード査定!スピード重視・ご相談重視なら来店買取がオススメです!

Search Shop
査定は無料です。
お近くの店舗までお問合せください
Search Shop
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
都道府県選択に戻る

宝石買取実績一覧

こちらの店舗の買取実績一覧