買取専門店ジュエルカフェ

買取日 : 2021年9月18日

ルイヴィトン パピヨン お買取しました。

ルイヴィトン パピヨン お買取しました。

買取商品の詳細

買取店舗

買取した時期

2021年9月

買取した店舗

買取・査定のポイント

ルイヴィトンのモノグラムのパピヨンです。みなさん知っているでしょうか、パピヨンはマイナーシェンジがちょこちょこ行われています。例えばポーチがない年代があったりパドロックがあったりなかったり、ハンドルの素材が変わったり、、、などなどです。 今回お持ち頂いたのは、付属品ポーチのついたパピヨンです。 少し前のになりますが、あまりお使いになってなかったようで状態もいいパピヨンでしたので高価買取になりました!!

買取・査定担当者からのコメント

ジュエルカフェ重信店にご来店くださいましてありがとうございます。 2012年頃にはハンドルが長くなってショルダーできるように変わったパピヨンです。こちらは少し前のになりますが付属品ポーチもしっかりあり、査定ポイントアップです。 また芸術家さんとコラボしたり、、、どんどん進化しても廃盤にならないのはやはり一定の人気があるんでしょう。 ルイヴィトン、モノグラムもダミエもアンプラントも、ヴィトンは需要がありますので高価買取になることが多いです。タンスに眠ったままで使っていないヴィトン、是非一度査定にお持ちください。

買取商品について

パピヨンは1966年に誕生しました。4代目アンリ・ルイ・ヴィトンがデザインしました。パピヨンは年代によって少しずつマイナーチェンジしており、ハンドルの素材・ハンドルの長さ・ポーチ付属の有無・パドロック付属の有無などが挙げられます。 旧パピヨンに付属しているポーチにシリアルはありません。しかし過去にポーチのみ買い足したい人に向けて販売されていた、別売りの「ポシェットパピヨン(M51380)」にはシリアルがあります。 現行モデルの新型パピヨンの特徴として一番に挙げられるのがショルダー部分です。肩までかけられるように長くなりました。紛失しやすいポーチが廃止され、代わりに外側・内側にオープンポケットが登場しました。内側ライニングにはキャンバス地が採用され、従来の型押しレザーに比べて傷が付きにくく、スムーズに荷物の出し入れが出来るようになりました。初期パピヨンは、ショルダー部分が濃い茶色のレザー素材です。内側ライニングはピッグスキン(豚革)となっており硬めの手触りとなっていますのでわかりやすいかもしれません。

人気のタグ

お近くのジュエルカフェ店舗を探す

商品知識豊富な女性スタッフと、ご来店からお支払いまで最短10分のスピード査定!スピード重視・ご相談重視なら来店買取がオススメです!

Search Shop
査定は無料です。
お近くの店舗までお問合せください
Search Shop
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
都道府県選択に戻る

ブランド品買取実績一覧

こちらの店舗の買取実績一覧