/  

高ければ高いほどよいとは限らない金の純度

高ければ高いほどよいとは限らない金の純度

金の種類

金の純度というと18金と24金がよく知られていますが、実は、9金、10金、14金、18金、20金、22金、24金というさまざまな種類があります。金の純度は24分率が用いられ、数字が大きいほど純度が高くなります。具体的にいうと、24金は24分の24の割合で金が含まれているという意味ですから、100%金である純金を表します。それに対して、18金は24分の18の割合で金が含まれているということですから、金の割合は75%です。残りの部分は銀や銅など他の金属で作られ、その割合に応じて硬度や色味に違いが現れます。

純度が高すぎないほうがよいこともある

金の純度は高ければ高いほどよいと思われがちですが、アイテムによっては24金ではないほうがよいケースもあります。純度はできあがった製品の硬さにも影響を与えるため、製品の種類やデザインによっては純度が高すぎないほうがよいこともあるというわけです。たとえば、純度の高い24金は複雑なデザインのジュエリーを加工するには柔らかすぎて不向きです。普段使いする際にも傷が付きやすいため、アクセサリー類はある程度ほかの金属を混ぜた合金で加工します。この点は国による好みの差にもよく現れています。

国によって純度の好みが違う

日本では、まだまだ特別な時だけアクセサリーを身に付けるという人が多いため、比較的純度の高い18金が好まれるのに対して、ジュエリーやアクセサリーを普段からよく身に付ける欧米諸国では9金、10金、14金といった純度が低いものがよく選ばれます。しかし、金貨やインゴットなど資産価値を重視するアイテムは、どの国でも金の純度が高ければ高いほど価値が高いという判断になります。実用性が問われないコレクションや財産としての価値が問われるものは純度の高さが重視されるのに対してし、普段づかいのアクセサリーなどは傷を付きにくくするために、わざと純度を落として加工することもあるということです。

ジュエルカフェでは安心の査定

ジュエルカフェでは、純度のわからない金製品も純度を割り出して査定しているため安心して査定してもらえます。

監修
監修:安井 理
慶應義塾大学 文学部 人間関係学科卒。1999年より神奈川を中心に学習塾・結婚相談所・リユース専門店などを経営。特にリユース専門店は県内30店舗まで展開した後、戦略的バイアウト。以降は越境ECや業界特化型のライター・コラムニスト・アドバイザーとして活躍。
facebook1 line twitter