/  

意外と多い偽物ブランドの見分け方とは?(バッグ、財布編)

意外と多い偽物ブランドの見分け方とは?(バッグ、財布編)

バッグや財布なども、偽ブランドが多く出回りやすい商品です。ブランドの場合は特に有名なものほど(流通量が多いものほど)偽物を作る組織も多く出てくるので注意が必要です。時計などと比べて単価は低めでも数の多いバッグや財布・小物などはどうやって見分けていくのでしょうか。

革やキャンパス地のバッグや財布は、比較的真贋を見分けやすい

実は時計などと比べると、革や布でできた財布・バッグなどは比較的偽物を見分けやすいと言われています。これは金属製ではなく有機物(革や布)を使っているので素材そのものの質の差も出やすいこと、また縫製などの工程がかなり多い分、そのどこかで違いが出やすいからだと言われています。

大きく真贋を見分けるポイントとは多くが「素材の質(手触り)」「縫製」「ロゴマークの刻印」です。それぞれについて偽物だと違いが出てきやすい部分についてお話ししていきます。

どうしても偽ブランドだと出てしまう傾向とは?

○素材の質の違い
革(レザー)製品の場合はフェイクレザーが一部または全部に使われていることがあります。その場合は化学薬品の匂いがしたり、細かい毛穴の跡が無かったりして、慣れている人であれば触るだけですぐにわかります。また布製品(キャンバス地)の場合は糸目の粗さが偽物の特色で、手触りもざらざらしやすい傾向があります。

○縫製の違い
生地や革を縫い合わせる「縫製」の部分は最も本物と偽物で「質の差」が出やすいので買取店ではまっさきにチェックされるポイントです。総じてコピー品の場合は糸の質が悪く、またすき間が大きくできてしまうのです。

○ロゴマークの刻印の違い
ブランドごとに本物ならではのチェックポイントはそれぞれ違うのですが、アルファベットの跳ねの部分のシャープさや縦棒、横棒の長さが異なっていたり、文字の間隔が異なっていたりといったことが挙げられます。

各ブランドごとの真贋見分けポイントもあります!

偽物であれば質の違いで分かる…というのはありますがそれも「本物がどういうものがよく知っている」ことが判断するうえで大前提になります。本物に普段からたくさん触れていればいいのですが必ずしもそういう人ばかりではありませんし、また日ごろあまり触れていないブランドの真贋を判断しなければならないこともあります。その場合はそれぞれのブランドごとに「本物ならここが違う」というポイントがあるので、それを参考にして判断していくことになります。

例えば「ルイ・ヴィトン」の場合は製造番号が内部の目立たない箇所に刻印されており、それを探して照合することで本物かどうかの判断に役立てることができます。また「コーチ」であればキャンパス地に縫製されたアルファベット同士の間が正しい間隔(糸の数で分かります)になっているかどうかで判断することもできます。

また複数のブランドでは、本物ならバッグでも財布でもチャックのつまみの部分に決まったメーカーの物を使っているので、それを見て本物かどうかを判断することができます。他にもシャネルやグッチなど「ギャランティ・カード」「コントロール・カード」などが付いている場合はそれで真贋の裏付けをする場合もあります。

ここに挙げたのはほんの一例なのですが、いずれにせよそれぞれのブランドに応じて「このブランドであればここを見る」という手法は鑑定士の間では細かく確立しているので、最終的にはその知識を活用して見分けていくわけです。

本物にどれだけ触れて、知っているかが大きなポイントです。

偽物と本物の違いというのは、なんといってもお金と労力をかけて作っているかどうかということです。よく「本物をよく知っている人が注意して見ればわかる」といいますが、それはもちろん正論です。

もちろん正規店で販売されているものは本物に間違いないのですが、それ以外で普通の人がブランド品を購入した場合、偽物を買わずに済むにはどうしたらいいのでしょうか?

やはり一番なのは「好きなものであるほど本物を知る」ということだと思います。色々自分で触れてみて五感で本物の良さにたくさん触れている人ほど、専門知識が無くても偽物を見た時に「あれっ?」と気づきやすいものです。触れる機会がなければ例えばブランド雑誌などで、好きなブランドを日ごろから多く眺めているだけでも違ってくるかもしれません。好きだからこそ「目が肥える」ようになっていく。こうなっていくことが偽物から自分を守ることのみならず、本当にそのブランドを楽しんでいく道なのかもしれませんね。

監修
監修:安井 理
慶應義塾大学 文学部 人間関係学科卒。1999年より神奈川を中心に学習塾・結婚相談所・リユース専門店などを経営。特にリユース専門店は県内30店舗まで展開した後、戦略的バイアウト。以降は越境ECや業界特化型のライター・コラムニスト・アドバイザーとして活躍。
facebook1 line twitter