/  

話題のNFT資産って買取してもらえるの?

話題のNFT資産って買取してもらえるの?

ネットを使っていると最近、よく目に入ってくる単語の一つにNFTというものがあります。
何となく見過ごしながらも、ちょくちょく目に入ってくるのでそれなりにトレンドのある言葉なのですが、気になっている方も多いのではないでしょうか。
特に「NFTはこんなに高く買い取られることがある!」という話題が目立ち、「思わぬものがNFTとして価値を発揮し買い取りの対象となる!」ということが盛んに言われています。
このコラムでは貴金属製品やブランド、チケット類や着物その他いろいろなものを買い取ってもらう記事をご紹介してきました。
今回は「買取」の世界でこれから話題性がさらに高まってくるNFTについて、できるだけ分かりやすくその可能性をお伝えしていきます。

今話題のNFTとは何なのか?

正式名称は「Non Fungible Token」

NFTの正式名称は上記の通り「ノン ファンジブル トークン」というものになります。
日本語表記すると「非代替性トークン」というものになります。
「非代替性」というのは分けて読むと意味が分かりやすいですが「替えのきかない」「たった1つしかない」という意味です。
トークンというのはよく「セキュリティトークン」というワンタイムパスワードを発行するための小さな機器でも聞きますよね。また何かを発行するため、またはどこかで使うための「限定通貨」のような意味で登場してくることもあります。
こうしたことをまとめると「替えのきかない(この世にただ一つしかない)、通貨の代わりになるもの」という理解をして良ければかなり正確にとらえていると言えそうです。
ただNFTの持つ性格としては、もの自体がそこになくても取引可能な「暗号資産」の一種である(仮想通貨と似ている)というものがあり、それが少し理解を難しくしていると言えます。
「NFTとは何か?」ということについては、ネット上でも色々なサイトがいろいろな表現を使って説明しているので混乱しやすいのですが、まずは上記のような理解をして実例を見ていきましょう。

実際に存在するNFTの例はどんな種類があるのか

実際に存在するものであっても、また存在しないデジタルデータ(自分の作ったイラストデータなど)でも特殊な技術を使って「NFT化」することで、それが「1つしかないオリジナルである」として著作権代わりに唯一性を証明することができ、また価値があるものであれば買い取りなど取引の対象とすることが可能です。
実例としては以下のものがあります。

〇固有性を持つデジタルアート

有名なところでは日本の小学生が夏休みの課題で描いたデジタルの絵が、NFT化することで250万円の価値で落札された…といったことが2020年にニュースになりました。
「確かに自分が書いた」という固有性を技術的にNFTとして証明・製品化できたことをベースに、「小学生が作成」ということの希少性が評価された結果と言えます。
他にも有名デザイナーが描いた絵の「オリジナル性」をNFTにより「固有性」「資産性」を持たせ高額取引・買い取りされる…といったことが海外でも数多く起きています。

〇固有性を持つデジタルデータ

有名なところではツイッターのCEOが自身のサービス初ツイートをNFTマーケットで3億円で売ったニュースが2020年春にありました。
「特別な人の○○」「初めての○○」といった固有性のある物(ネット上のツイートや記事、チケットなど)をNFT化し、それを取引によって買い取りしてもらうことも可能になっています。

〇ゲームアイテム

一部のネットゲームなどで使用されるキャラクターやアイテムについて、苦労しないと(またはよほど運が良くないと)入手できないものがNFT化されて取引されているのはよく知られています。

〇デジタル上のコレクションアイテム

オリジナルのデジタル画像や動画のデータ、デジタル上のトレーディングカードなどでNFT化することによってコレクション性を持たせ、収集や売買、買取の対象とすることができます。

〇実在するものの真贋証明としてのNFT

最後はデジタルデータという訳ではありませんが、例えば実在する絵画やブランド品、その他高級車など「実在する唯一性の高いもの」について「確かに本物ですよ」という証明書をNFT化して紐づけることで発行できます。
取引の対象にすることも可能ですが、何より実物の資産価値を、より強く保証できることになるわけです。

他にも細かいものはありますが、上記5つが「NFTとして実際に、よく取引・販売・買い取りされている例」です。
すぐに明確なイメージを持つことが難しいのですが、例えばデジタルの話ではないものの一昔前からある例として「持っている実物不動産や債券を、証券化して取引する」といったイメージに近いかもしれませんね!
何となくではあっても「特殊な技術を使ってNFT化し取引可能にすることができる」ということはまず押さえておきたいです。

NFTを買取したら何ができるのか

〇取引することで、デジタル作品を収入源にできる

デジタルの世界では画像のコピー自体は簡単で、著作権的にオリジナルであることを証明するのは簡単ではありません。
しかしNFT化の技術を使えばそれが証明でき、実物の絵画のようにそれを売って収入にしたり、自分が買取したものを再度転売等で利益を出していくことも可能です。特にオリジナル性の高いデジタル作品を作ってきた人にはチャンスと言えるでしょう。

〇NFT化すれば取引に伴う手続きを大きく省略できる

NFTは、仮想通貨などに使用される「ブロックチェーン」という技術を用いて動いています。
以前であればリアルの名義変更のため色々と書類・事務手続きが生じていたところNFTであればすぐに取引(=名義変更)が可能になるので手間をかけずに「価値の移転」をすることが可能です。
契約の自動化につながるという部分も期待されています。

〇デジタル上のデータをより強力に守れる

NFTの技術は大変強力なので、NFT化しておけば所有者・作者としての地位を偽られてしまったり、不正に転売されてしまうような心配はなくなります。
「不正や改ざん」といったものから大切な作品(資産)を守れることにつながります。

NFTはなぜ、高価買取されているのか

急拡大しているNFT市場

NFTは2021年に急速に注目が高まり、急拡大している市場の一つです。
同年の取引総額は全世界で409億ドル(約4.7兆円)となり、今後推計では2030年に3500億ドルと、日本円にすれば60兆円近い規模の流通が発生すると見込まれています。

10年で10倍以上になるという見込みもあり、次々と企業が参入してNFTの取引場も増えてきています。
今後「こんなものもNFTとして買い取りしてもらえるのか?」といった認知が広がるにつれて「デジタル資産」として流通するものも加速度的に増えるはずですし、市場規模としてはより拡大するかもしれませんね!

NFTが急速に評価されている理由とは

NFTが急激に広がっている理由としては、大きく2つあります

〇今まで「資産化」できなかったデジタル作品に、資産(トークン)化の道が開かれた

21世紀に入り、デジタル上の文章や画像、そして動画など「デジタル情報」が急増しているのはご存じのとおりです。
しかしそれらは簡単にコピーできてしまい「唯一性の証明」が難しく「実物」並みの著作権確立やオリジナル取引が難しい代物でした。
しかし仮想通貨などに利用される「ブロックチェーン」技術によりトークン化(商品化)が可能となり買い取ってもらえる道が開かれたと言えます。
デジタル作品が急増していたこともあり一気にNFT化にそれが流れ込む現象が起きている…と言えるのです。

〇投資先として注目され、資金が流入している

投資マネーは常に、その対象を探しているとも言えます。
少し前の「仮想通貨ブーム」もそうなのですが、投資家は常に「価値の上がりそうな何か」を探していると言えます。
株や金、債券など利回りの出そうな対象を常に探している人にとってこのNFTは、「最も新しい、伸び盛りの市場」の一つであり、価値のありそうなNFTの買い取りに前向きでもあります。
こうした「投資マネーの流入」がNFTの人気・拡大を支えているのは間違いありません。

場合によっては投資意図が過熱し過ぎ、NFTがその実態・需要以上の価値を付ける「バブル」状態になるケースもあると思いますが、市場が拡大していくときしばしば起こることなので前向きにとらえていいと私は思います。

NFTの登場で、思わぬものが売れる時代がやってくる

NFT市場の登場で、デジタル分野でクリエイターをしている人たちの期待は高まっています。
つい最近、2022年の1月下旬にはついにYoutubeもクリエイターの収益化支援のためNFT導入を検討しているというニュースも流れ、こうした動画も含めてあらゆる分野での作成物がNFTとして、資産化可能になるのではないか?という期待が高まっていますね。
こうした創作意欲の高まりが、よりすぐれた作品を生むためのモチベーションとなっていく可能性は高いと思います。

今後も色々なものが「新たにNFT資産化し、買取してもらえるもの」として追加されていくと思われます。
このコラムでも「自宅にこんなお宝が眠っているかも?」という視点で記事をお届けすることが多く、「こういうものまで買取してもらえるのか?」とご紹介できることがどんどん増えていくかもしれませんね!

NFTを買い取りしてもらう方法とは

NFTを取引できる場所に持ち込む

NFTを売買するには、マーケットプレイス(アマゾンでおなじみの名称ですが「取引所」という意味です。以下そう呼びます)に持ち込む必要があります。
これは、多くの場合NFT化する(本物だという証明をデジタルで添付する)技術として多くの場合「ブロックチェーン技術」(=ビットコインなど仮想通貨を保護するのと同じもの)が使われていることが関係しています。

取引所でできることとしては、
〇新しくNFT(作品・データ)を発行する…作品にNFT化をして出品
〇出品した自身のNFT(作品・データ)を販売する
〇出品されている他のNFT(作品・データ)の購入
〇購入したNFT作品を転売する(二次販売と呼び、一部は一時発行者にも収益が入るシステムです)
といったことが可能です。

NFTブームの到来で取引所も激増しており、海外の大手取引所として有名なものは
「Opensea(オープンシー)」や、「Rarible」「SuperRare」などが知られていますね。
特にOpenseaはアートを初めとしてゲーム、ミュージークやトレーディングカードなど、幅が広いことで有名です。
また国内の取引所としては
アート・音楽・動画などを扱う有名どころとして「nanakusa(ナナクサ)」があります。
他にもAdam by GMOやユニマ、HABETなどいくつもの取引所がありますが、それぞれ取り扱えるジャンルが異なるので注意が必要です。
※海外・国内を問わず取引手数料がそれぞれ異なりますので要確認です。

NFTを売るのに仮想通貨は必要なのか?

これはよく出る疑問なのですが、現時点での(2022年初頭)答えとしては「ほとんどの場合、イエス」ということができます。
NFTの取引はほとんどの場合「暗号資産(=仮想通貨のことです)」が必要になります。
※NFT化する技術自体が仮想通貨と同じ技術で守られているので、連動するのはある意味自然とも言えます。

それぞれの取引所で使用する仮想通貨は異なりますが、例えば海外の大手取引所の場合は「イーサリアム」や「WETH」などが代表的で、中でもイーサリアムがあればほとんどの取引所で取引可能です。

また日本国内のNFT取引所についてもユニマやHABET以外ではおおむね何かの仮想通貨が必要…ということになっています。(最多はイーサリアムですので、保有しているに越したことはないと思います)
ただ国内の場合、その仮想通貨を支払うシステムとしてクレジットカードや銀行振り込みなど身近な手段に対応している取引所も多く、その意味では身近に取り組みやすいと言えるでしょう。

NFTを高価買取してもらうためには

NFTは現在ではデジタル上のデータ(動画やイラストなどの作品や、ゲームアイテムやカードなど)の取引が盛んですが、まず売るものがあるかどうかチェックすることです。
〇自身が作った作品(動画・イラスト)があるかどうか
〇取引可能なデジタルアイテム(ゲームやトレーディングカードなど)があるかどうか
ということになります。

昔作った作品などがある場合はNFTを考えてみてもいいかもしれません。
しかし多くの人は持っていないはずなので、その場合は自分で作れる場合は作る…ということになります。

例えば動画やイラストを作成する場合、当然「高く売れそうな」物を作ることになりますが、その際重視されるのが「唯一性(=非代替性)」という考え方です。
これは冒頭のNFTの正式名称とも関係してくるのですが、買い手から見てその作品が「ほかに変えられない価値を感じられるかどうか」ということが人気や価値を左右すると言えます。
※もちろん質が高く、それだけの価値を感じるものもいいのですが例えば「有名人のサイン」のようなものも当てはまるはずです。

「これからNFTを作り出す」という人であればどういうものであれば価値が上がりやすいか…といったことを分析した書籍やブログなどが多数あるので、そちらを参考にテイストを工夫してみるといいかもしれません。
※例えばクールジャパン的、日本独自のアニメーションタッチを強調できる作品というのは比較的期待できる要素の一つです。例としてそうしたものを取り入れたり…などです!

あとはそうした類似作品を多く取り扱ってくれる取引所をリサーチして出品する…という流れになっていきます。
実際に同じジャンルのものが多数流通していて、手数料などが安ければベストですよね。

NFTはまだまだ身近とは言えず、また新しい概念・定義の中にあります。
色々な情報が出回っていてノウハウも日々進化しているので、現在(2022年2月)の情報や常識がアップデートされながら発展していくものと思われます。
この記事では初めての方にもできるだけ分かりやすく…ということをコンセプトに紹介させていただいたので、厳密な定義や情報については今後補足していくこともあると思います。

読んでいただき、ありがとうございました。

監修
監修:安井 理
慶應義塾大学 文学部 人間関係学科卒。1999年より神奈川を中心に学習塾・結婚相談所・リユース専門店などを経営。特にリユース専門店は県内30店舗まで展開した後、戦略的バイアウト。以降は越境ECや業界特化型のライター・コラムニスト・アドバイザーとして活躍。
facebook1 line twitter