買取日 : 2022年4月22日

バラ切手お買取致しました。

買取商品の詳細

買取店舗

買取した時期

2022年4月

買取した店舗

買取・査定のポイント

バラ切手とお年玉記念切手の小型シートのお買取をしました。ジュエルカフェ サクラス戸塚店では、切手のお買取も大変ご好評頂いております。シートはもちろん、バラ1枚からでも大歓迎です。昔の古い切手でも未使用品ならお買取致します。切手と合わせて「複数のブランド品をまとめて」お持ちいただくと、通常価格よりも高い査定、高価買取させていただきます。「ジュエリーとブランドバッグ」「金とブランド腕時計と切手」といった組み合わせでもOK!一度にたくさん査定させていただくことで、10〜20%の特典をお付けしています。詳しくはスタッフまでお尋ねください。

買取・査定担当者からのコメント

切手は郵便局などで払い戻し=現金化できそうですが、実は現金での払い戻し・換金はできません。手数料を払い他の切手やハガキなどを交換することになります。また、汚れたり破れたりしている切手は交換できません。ですので、ジュエルカフェサクラス戸塚店のような買取専門店や切手の取扱がある金券ショップなどにお持ち込みいただく必要がございます。ジュエルカフェ各店ですと、その場ですぐに査定・現金にてお支払いいたします。バラ1枚からでもお買取りしています。もちろん大量持込みでも大歓迎です。切手帳などに保管されていても仕分けは必要ありません。ジュエルサクラス戸塚では、できるだけお客様のご負担にならないよう、仕分け作業は当店スタッフで行わせていただきます。枚数が多い場合などは一度店頭にご相談ください。

買取商品について

ジュエルカフェサクラス戸塚店で切手のお持込みの多い物はシート、お年玉記念切手、バラなどです。日本最初の年賀切手は、昭和11年(1936年)の年賀状用にと、昭和10年(1935年)12月1日に発行されました。明治時代に年賀状配達の効率的なシステムが整っていたものの、年賀切手の発行はまだありませんでした。年賀切手が発行されるに至った経緯は確かな記録がありません。当時の私製はがきに貼る普通切手の図案は、郵便料金と模様がデザインされたものでありましたが年賀状のはがきに貼る年賀切手は、新年にちなんだ、おめでたい図案になっていました。その後、年賀切手は、昭和11年(1936年)、昭和12年(1937年)と発行されましたが、昭和13年(1938年)以降は戦争の影響があって発行されませんでした。太平洋戦争が終わり、社会が復興し始めた昭和23年(1948年)12月に、昭和24年(1949年)用の年賀切手が発行されてから、今日まで欠かさずに年賀切手は発行されています。使わずに溜まってしまった切手がありましたらジュエルカフェサクラス戸塚店で換金しませんか?ご来店お待ちしています。

お近くのジュエルカフェ店舗を探す

商品知識豊富な女性スタッフと、ご来店からお支払いまで最短10分のスピード査定!スピード重視・ご相談重視なら来店買取がオススメです!

Search Shop
査定は無料です。
お近くの店舗までお問合せください
Search Shop
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
都道府県選択に戻る

切手・ハガキ買取実績一覧

こちらの店舗の買取実績一覧