買取専門店ジュエルカフェ

買取日 : 2022年12月16日

小判 K24 24金

小判 K24 24金

買取商品の詳細

商品カテゴリ

買取店舗

買取した時期

2022年12月

買取した店舗

買取・査定のポイント

ジュエルカフェ」ブログをご覧の皆さま、こんにちは。 今回は「ジュエルカフェ」フジグラン重信店でお買取りさせて頂いた 純金 小判 K24 24金 査定についてご紹介させて頂きます。 小判(こばん)とは、江戸時代に流通した金貨の一種です。今回お持ちいただいた小判は記念にもらったものだそうで江戸時代の小判ではありませんでしたが、丁寧に査定させていただき、24金(純金)としてのお買取りをさせていただきました。 金高騰もあり高額買取になり喜んでいただけてよかったです。

買取・査定担当者からのコメント

この度はジュエルカフェ重信店にご来店くださいましてありがとうございます。 小判の中には金の含有率の低いものもあります。専用の機械で丁寧に査定させていただきますのでこれは何かなと思ったらぜひ一度お持ちください。 ジュエルカフェでは他にもブランド時計やバッグなど色々なブランド品やはがきや切手、商品券などもお買取をさせて頂いております。しっかり丁寧に査定致しますので気になるお品がありましたが是非一度お持ちください。ご来店ありがとうございます。またのご来店を心よりお待ちしています。

買取商品について

小判(こばん)とは、江戸時代に流通した金貨の一種です。徳川家康は、治世のため貨幣制度の統一にも踏み出しました。その際に、金・銀・銅の三種類の貨幣を用いた三貨制度を施行しました。単位には両、分、朱という3つの単位があります。一朱金が4枚で1分、一分金が4枚で1両、小判1枚分という具合に、お金の枚数で価値を数えることができます。 慶長6 (1601) 年,慶長小判が大量に鋳造されてから全国的通貨となりました。慶長以後,元禄,宝永,正徳,享保,元文,文政,天保,安政,万延の各種小判が発行された。これらの新改鋳は流通上の必要性 によることもありましたが、多くは改鋳の利益 をねらって行われたので,品位,量目とも次第に落ちていきました。 広く流通していたこともあり当時発行された大判小判には、まだ見つかっていないものも大量に存在しているといわれています。

人気のタグ

お近くのジュエルカフェ店舗を探す

商品知識豊富な女性スタッフと、ご来店からお支払いまで最短10分のスピード査定!スピード重視・ご相談重視なら来店買取がオススメです!

Search Shop
査定は無料です。
お近くの店舗までお問合せください
Search Shop
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
都道府県選択に戻る

金買取実績一覧

こちらの店舗の買取実績一覧