買取専門店ジュエルカフェ

買取日 : 2022年9月27日

24金 純金小判お買取致しました!

24金 純金小判お買取致しました!

買取商品の詳細

商品カテゴリ

買取店舗

買取した時期

2022年9月

買取した店舗

買取・査定のポイント

24金 純金小判お買取させて頂きました! ここ最近、相場の変動が激しく大幅に下落してしまう可能性もございます。 お手持ちの24金を少しでも高く売るならお早めにお持ち下さいませ! ジュエルカフェ田崎店では、小判はもちろん、インゴットや喜平ネックレス、印台リングなど幅広く24金買取を行っております。 24金以外にも、22金・20金・18金と金製品大歓迎です! 切れたネックレス・石の外れたリング・片方しかないイヤリングやピアス・メガネフレーム・金歯などなど、古くても壊れていても金なら高く買い取ります♪ 1点でもまとめてでもお気軽にお持ちくださいませ。 査定はいつでも無料にて承っておりますので、査定だけでもご相談下さい。

買取・査定担当者からのコメント

この度はジュエルカフェ田崎店へお越しくださいまして誠にありがとうございます。 数ある買取店の中よりジュエルカフェ田崎店足をお運び頂き、大変嬉しく思います。 今回の24金小判は、ご家族より譲り受けられたそうですが、使い道もないことから相場が少しでも高い内に・・・ということでお持ち下さいました。 査定は初めてということで緊張されていましたが、予想以上の高額買取になったと大変喜んでくださいました。 売るかどうかとても悩まれたそうですが、思い切って持って来て良かったと笑顔をみることができて私達も安心致しました。 他にも、使っていないご自身のジュエリーがあるとのことで、次回のご来店もスタッフ一同心より楽しみにお待ちしております。

買取商品について

小判は、徳乗の門人、徳川家康の命により徳乗の代理として江戸に下った後藤庄三郎光次(みつつぐ)が造ったのに始まです。 金貨といっても純金ではなく、銀をまじえた合金を素材とします。 それは金が高価であったことに加え、金のみでは柔らかすぎるためであったと考えられます。 例えば享保大判の場合、金67.7%、銀27.68%、銅4.62%。元禄小判の場合、金57.37%、銀42.63%の合金とされます。これほど銀が多いと、普通は白っぽくなってしまうのですが、そこで色付(いろづけ)、色揚(いろあげ)と呼ばれる表面処理がなされました。 それは何種類かの薬品を塗った後に加熱し、水で洗い流すことにより、表面では銀成分が溶け流され、濃度の高い金が現れるというものです。 ちなみにこの時代、金貨をつくる機関のことを「金座」、銀貨をつくる機関のことを「銀座」と呼んでいました。 金座は江戸、京都、駿府(現在の静岡)、佐渡などに、銀座は江戸、京都伏見、駿府などにそれぞれ置かれていました。 現在の東京にある「銀座」という街の名前はここから来ています。

人気のタグ

お近くのジュエルカフェ店舗を探す

商品知識豊富な女性スタッフと、ご来店からお支払いまで最短10分のスピード査定!スピード重視・ご相談重視なら来店買取がオススメです!

Search Shop
査定は無料です。
お近くの店舗までお問合せください
Search Shop
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
都道府県選択に戻る

金買取実績一覧

こちらの店舗の買取実績一覧