買取専門店ジュエルカフェ

買取日 : 2022年12月20日

プラチナ リング ダイヤモンド PT900

プラチナ リング ダイヤモンド PT900

買取商品の詳細

買取店舗

買取した時期

2022年12月

買取した店舗

買取・査定のポイント

ジュエルカフェ」ブログをご覧の皆さま、こんにちは。 今回は「ジュエルカフェ」フジグラン重信店でお買取りさせて頂いた プラチナ ダイヤモンド リング pt900 査定についてご紹介させて頂きます。今回お持ち下さったプラチナ ダイヤモンドリング とっても可愛らしいリングで査定するのも楽しく感じました。7粒のダイヤモンドがとってもきれいで高額買取になり大変喜んでいただきました。今回、鑑定書もお持ち下さり、査定もスムーズに進みました。ダイヤモンドの査定において、欠かせないものは4Cと呼ばれる希少価値の基準です! カラット。カラットは大きさを表す基準ですが、直径などの大きさではなく、重量を示します。大きなダイヤモンドほど強い輝きを放ち、大きいほど高値になる傾向があります。 カラー。ダイヤモンドの色味を表します。無色透明なほど評価が高いと言われ、黄色が強くなればなる程、評価は低くなります。 クラリティ。ダイヤモンドに含まれる内包物の割合やキズなどの評価を表します。ダイヤモンドの鑑定機関では、10倍以上の顕微鏡で査定し、評価を付けているそうです。 カット。唯一、人の手によって作られる要素です。優れたカットのものほど輝きが強く、美しい輝きを放つと言われています。 今回カットは一般的なブリリアントカットではありませんでしたが、総評としての評価がよく高額買取になりました。

買取・査定担当者からのコメント

この度はジュエルカフェ重信店にご来店くださいましてありがとうございます。。指輪に宝石が使われるようになったのは、中世の頃と言われています。それがダイヤモンドに変わったのは1477年頃のことです。当時ダイヤモンドは裕福な王侯貴族が用いることが大半でしたが、南アフリカでダイヤモンド鉱山が発見されたことで採掘量が増え、次第に一般的にも広がるようになりました。 ジュエルカフェでは他にもブランド時計やバッグなど色々なブランド品やはがきや切手、商品券などもお買取をさせて頂いております。しっかり丁寧に査定致しますので気になるお品がありましたが是非一度お持ちください。ご来店ありがとうございます。またのご来店を心よりお待ちしています。

買取商品について

初期の指輪は装飾品というよりも身体を守るための護符や実用的な印章として 魔除けや護符、地位や身分の証明、婚約や既婚のしるし、武器などの目的から装身具として始まったと言われています。 麻や葦などの植物の紐で結び目を作り、魔除けや無病息災などのおまじないとして体の一部分に巻く風習から始まったとも言われていますが、今から3000年以上前の紀元前の古代エジプトではすでに指輪は存在していたそうで、遺跡から出土した宝飾品の中には、金や銀の指輪があったそうです。 その後、指輪を身につける文化は古代ギリシア・古代ローマに広がり発展していきます。 古代ローマはじめとするヨーロッパに指輪が伝わると、権威の象徴として、また願い事を叶えるため、両手にたくさんはめる人も現れほど多くの人々に用いられるようになります。

人気のタグ

お近くのジュエルカフェ店舗を探す

商品知識豊富な女性スタッフと、ご来店からお支払いまで最短10分のスピード査定!スピード重視・ご相談重視なら来店買取がオススメです!

Search Shop
査定は無料です。
お近くの店舗までお問合せください
Search Shop
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
都道府県選択に戻る

ダイヤモンド買取実績一覧

こちらの店舗の買取実績一覧