買取専門店ジュエルカフェ

買取日 : 2022年11月28日

ルイヴィトン・アルマをお買取りいたしました!

ルイヴィトン・アルマをお買取りいたしました!

買取商品の詳細

買取店舗

買取した時期

2022年11月

買取した店舗

買取・査定のポイント

ルイヴィトン・アルマをお買取りいたしました。数ある買取店の中から当店をお選びいただき、誠にありがとうございます!好みが変わり、他の鞄を購入して以来、すっと使わずに長い間保管されていたそうです。ずっと保管しているのも勿体ないと、いくら位の金額が付くのか気になり、ネットで色々と検索され、今回ジュエルカフェオプシアミスミ店にお持ち込み頂けました。とりあえず査定だけお願いしたいと仰っておりましたが、査定をさせて頂いたところ、お客様の希望金額を上回るお金額が付きそのままご売却いただけました。古い物でそれなりに使用感もあるのにしっかり金額が付き嬉しい!とお客様も大変喜ばれておりました。眠っているブランド品をお持ちの方、1点1点丁寧に査定をさせて頂きますのでジュエルカフェオプシアミスミ店へお気軽にお持ち込み下さい。

買取・査定担当者からのコメント

今回お買取りしたルイヴィトン・アルマは長い間、幅広い年齢層の方々に愛され続けている、大変人気のバッグです。モノグラム、ダミエ、エピ、その他にも様々な素材、デザインで展開され、発売されています。今回お持ち込み頂いたルイヴィトン・アルマはお品物の状態も良く、定番のモノグラムは中古市場でも大変人気の為、十年以上前に購入したにもかかわらず、お客様もご納得の金額でお買取りさせていただきました。昔購入され使わなくなったブランド品の鞄や財布などをお持ちの方、お品物の状態が変わるとお買取り金額にも差が出て来ます。保管していても経年劣化でベタ付きや匂いが出てきたり、劣化していきますので、市場でブランド品が高騰ている今、状態が悪くなる前にご売却をお勧めいたします。

買取商品について

1902年に登場したアルマの原点となったのは、トランクの中の衣類を整理するために生まれた2つの「ポーチ」でした。1901年に、二つのポーチの機能が融合したランドリーバッグ、「スティーマーバッグ」が誕生します。清潔なお洋服と洗濯物を分けて収納することが可能なスティーマーバッグは当時の旅行者たちの必須アイテムとなりました。丸いフォルムが特徴的な、女性らしさを演出してくれるアルマはストラップをつければショルダーバッグにもなる2WAY仕様のボストンバッグです。このアルマという名前はパリにあるセーヌ川にかかっているLE PONT DE L’ALMA(アルマ橋)が由来とされおり、ラテン語で「恵み」という意味を持ちます。女性たちのデザインや機能の要望・願いに応えられたバッグですので,今でも多くの女性から支持を集めています。

人気のタグ

お近くのジュエルカフェ店舗を探す

商品知識豊富な女性スタッフと、ご来店からお支払いまで最短10分のスピード査定!スピード重視・ご相談重視なら来店買取がオススメです!

Search Shop
査定は無料です。
お近くの店舗までお問合せください
Search Shop
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
都道府県選択に戻る

ブランド品買取実績一覧

こちらの店舗の買取実績一覧