買取専門店ジュエルカフェ

買取日 : 2022年12月16日

ルイヴィトン モノグラム ティカル GM M91372

ルイヴィトン モノグラム ティカル GM M91372

買取商品の詳細

買取店舗

買取した時期

2022年12月

買取した店舗

買取・査定のポイント

「ジュエルカフェ」ブログをご覧の皆さま、こんにちは。 今回は「ジュエルカフェ」エミフルMASAKI店でお買取させて頂いた ルイ・ヴィトン モノグラム ティカル GM M91372 の査定についてご紹介させて頂きます。 つい最近まで使っていて、長年愛用し続けたルイ・ヴィトンなんです。と、他にもブランドバッグ数点ご一緒にお持ち頂きました。 ルイ・ヴィトン モノグラム ティカル GM M91372 は型崩れ、角スレ等ございましたが、大丈夫です! 長年愛用され使用感がたっぷりあっても、古くても、状態悪くても、ルイ・ヴィトンお買取強化中です! ご一緒に、他のブランドバッグもお持ち頂け、お客様にご満足頂ける査定金額となり全部まとめてお買取させて頂きました。

買取・査定担当者からのコメント

この度は「ジュエルカフェ」エミフルMASAKI店へご来店頂き、誠にありがとうございます。 長い間、ブランドバッグが大好きでたくさん購入し、時と場所選んで使い分けてらっしゃったそうです。 年齢とともに、重厚なものより軽いバッグ、汚れても気にしなくても良いようなノーブランドバッグばかり使うようになってしまって…とのお気持ち良くわかります。 使わなくなってしまったらもったいない!特にルイ・ヴィトンは、状態悪くても頑張らせて頂けます! 置いておこうかどうしようか、悩んでらっしゃるとおっしゃっていたご自宅のブランドバッグも是非一度、無料査定にお持ちになってみてくださいね。 劣化する前に、高額査定となるうちに、またのご来店を心よりお待ち申しあげます。

買取商品について

ルイ・ヴィトンを代表する柄といえば、やはり『モノグラム』が思い浮かびますね。 普遍的なデザインとカラーリングは老若男女問わず人気があり、世界中で幅広い方から指示されているラインになります。 1896年には2代目ジョルジュ・ヴィトンが頭文字 L V のロゴに花や星の模様を組み合わせた モノグラム・キャンバス を開発しました。 これは当時流行していたジャポニズム(日本趣味)の影響を受けて、日本の家紋からインスピレーションを得て生まれたともいわれています。 モチーフの由来は諸説あるようですが、モチーフの由来が日本だったら…というルイ・ヴィトンを愛する日本人としては嬉しい日本由来説ですね。

人気のタグ

お近くのジュエルカフェ店舗を探す

商品知識豊富な女性スタッフと、ご来店からお支払いまで最短10分のスピード査定!スピード重視・ご相談重視なら来店買取がオススメです!

Search Shop
査定は無料です。
お近くの店舗までお問合せください
Search Shop
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
都道府県選択に戻る

ブランド品買取実績一覧

こちらの店舗の買取実績一覧