買取専門店ジュエルカフェ

買取日 : 2022年11月28日

ルイヴィトン モノグラム バティニョール M51156 お買取致しました!

ルイヴィトン モノグラム バティニョール M51156 お買取致しました!

買取商品の詳細

買取店舗

買取した時期

2022年11月

買取した店舗

神奈川県
大船店

買取・査定のポイント

こちらは、使用感のある ルイヴィトン モノグラム バティニョール M51156 となりました。ルイヴィトンなどのバッグ類は特になのですが、古くなればなるほどお買取り金額が下がる傾向にあります。皮、布などは時間と共に劣化する可能性がある為ですが、その他保管方法により染み、においなどもマイナスポイントとなる傾向にあります。たとえ人気モデルであっても状態によってはお値段が下がる場合がありますので、使わないと判断した際は早めにお売りいただくことをお勧めします。

買取・査定担当者からのコメント

ルイヴィトンの汚れやシミなどがある場合はその分買取価格が下がってしまいます。ルイヴィトンはなるべく綺麗な状態に保つことが高価買取の秘訣です。バッグに付いた汚れを拭き取ったり、ホコリは掃除機で吸うなどご自宅でできる簡単なクリーニングでも、するとしないのとでは金額に大きく差が出ます。ルイヴィトンは買ったときの状態に近いほど高く買い取ることができます。目立った汚れを綺麗にするだけでも印象が変わり、査定金額に影響があるかもしれません。ジュエルカフェにお持ち頂く前にクリーニングをすることをおすすめします。

買取商品について

ルイヴィトンの創始者のイニシャルを配したこの模様は、当時パリの万国博覧会をきっかけに大流行していたジャポニズムの影響を強く受けた2代目当主ジョルジュ・ヴィトンが考案したデザインで、日本の家紋をモチーフにして作られました。モノグラム柄が日本で特に人気があるのも、日本人に馴染みのあるデザインだからなのかもしれません。発売当時のモノグラムモチーフは、現在のようなプリント加工ではなく、職人の手により一つ一つ手描きで仕上げられていました。このデザインが生まれるきっかけとなったのはコピー商品への対策の一環という要素もあります。粗悪なコピー品が多く世に出回った結果、簡単には真似できない繊細なデザイン、そして複雑な柄を使用した経緯があります。また、モノグラムはヌメ革を使用している傾向にありますが、日光で日焼けしてしまう素材でもあり、これがバッグの深みを演出してくれます。落ち着いた印象を持ちながらも繊細で上質なデザインであるモノグラムはルイヴィトンの代表的なアイテムとなります。

人気のタグ

お近くのジュエルカフェ店舗を探す

商品知識豊富な女性スタッフと、ご来店からお支払いまで最短10分のスピード査定!スピード重視・ご相談重視なら来店買取がオススメです!

Search Shop
査定は無料です。
お近くの店舗までお問合せください
Search Shop
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
都道府県選択に戻る

ブランド品買取実績一覧

こちらの店舗の買取実績一覧