買取専門店ジュエルカフェ

買取日 : 2022年11月29日

ルイ ヴィトン LOUIS VUITTON リヴィントン PM トートバッグ ショルダーバッグ ダミエ N41157

ルイ ヴィトン LOUIS VUITTON リヴィントン PM トートバッグ ショルダーバッグ ダミエ  N41157

買取商品の詳細

買取店舗

買取した時期

2022年11月

買取した店舗

買取・査定のポイント

ジュエルカフェ」ブログをご覧の皆さま、こんにちは。 今回は「ジュエルカフェ」フジグラン重信店でお買取りさせて頂いた ルイ ヴィトン LOUIS VUITTON リヴィントン PM トートバッグ ショルダーバッグ ダミエ N41157査定についてご紹介させて頂きます。 数あるルイヴィトンのライン中で、モノグラムと人気を二分しているのがダミエです。ダミエの登場は、モノグラムよりも古く1885年のこと。ルイヴィトンのトランクが人気を博していたことで、便乗するためのコピー品が多く出回り、その対策として生まれたのがダミエでした。 1896年にモノグラムが誕生したのと同時に、ダミエは1度廃止となっていますが、1996年には、モノグラム誕生100周年を記念して復活。モノグラムと共に現在のルイヴィトンの二本柱となっています。

買取・査定担当者からのコメント

この度はジュエルカフェ重信店にご来店くださいましてありがとうございます。 ルイ ヴィトン LOUIS VUITTON リヴィントン PM トートバッグ ショルダーバッグ ダミエ N41157は状態もよく高価買取になり喜んで下さり私もとても嬉しく思います。 ジュエルカフェでは他にもブランド時計やバッグなど色々なブランド品やはがきや切手、商品券などもお買取をさせて頂いております。しっかり丁寧に査定致しますので気になるお品がありましたが是非一度お持ちください。ご来店ありがとうございます。またのご来店を心よりお待ちしています。

買取商品について

ダミエは日本文化に影響を受けていると言われています。おなじみの「市松模様」です。市松模様とは、格子柄の一種で、二色の正方形を交互に配置した柄を指しますが、そのルーツは古墳時代にまで遡ると言われています。 当時の遺跡から発掘された埴輪には、既に市松模様が確認されているほか、法隆寺や正倉院の染織品にも同様の柄が見られることから、古来より日常的に使われてきたデザインだと考えられます。その模様に「市松模様」という名前が使われるようになったのは、江戸時代の歌舞伎役者、初代佐野革市松がこの柄の着物を着て人気を博したことに始まっていると言われています。

人気のタグ

お近くのジュエルカフェ店舗を探す

商品知識豊富な女性スタッフと、ご来店からお支払いまで最短10分のスピード査定!スピード重視・ご相談重視なら来店買取がオススメです!

Search Shop
査定は無料です。
お近くの店舗までお問合せください
Search Shop
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
店舗が見つかりませんでした。
都道府県選択に戻る

ブランド品買取実績一覧

こちらの店舗の買取実績一覧